DDS

DDSとは、Debt Debt Swap (デット・デット・スワップ)の略語であり、負債(Debt)を別の条件の負債(Debt)に転換(Swap)することを指します。

中小企業の企業再生や、債務超過になっている企業に対する企業再生の手法のひとつとして用いられます。

金融機関が既存の貸付金を劣後ローン(他の債権よりも支払い順序が劣る債権)に転換することで返済猶予が生まれ、財務状況の改善を見込むことができます。

お電話でのご依頼も受け付けておりますので、
お急ぎの方はお電話にて
お問い合わせください。

TEL0120-261-438

受付時間:9:00-19:00

記事検索