M&A
CONTENTS

M&Aの業務とは?M&Aの成功を支援するアドバイザーの役割や業務内容を解説

「M&Aという言葉はよく耳にするけど、具体的な業務内容までは知らない」という経営者は決して少なくないでしょう。このようなM&Aの十分な知識や準備がない状態でM&Aを検討し始めてしまうと、失敗の要因になりかねません。

また、外部のM&Aアドバイザーや弁護士、会計士などの専門家にM&Aのサポートを依頼する場合でも、経営者自身がM&Aの業務内容を理解していなければ、「なぜ依頼したほうが良いのか」「報酬額は妥当か」といった疑問を持つことになります。

そこで本記事では「M&Aの業務内容」についてご紹介するとともに、外部の専門家を活用する際に知っておくべき「仲介方式とアドバイザリー方式の違い」について解説していきます。

本記事によって、なぜアドバイザーに依頼する必要があるのか、また専門家に依頼するメリットはどこにあるのかについて理解していただけるでしょう。

なお、「M&Aとは何か?」については以下の記事で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

▷関連記事:M&Aとは?M&Aの目的、手法、メリットと手続きの流れ

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス
プライバシーポリシーに同意のうえ、

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索