M&A
CONTENTS

TOB(株式公開買付)とは?友好的・敵対的TOBの意味や防衛策を解説

M&Aを行ううえで主に上場企業の買収手段の一つとして用いられるのが「TOB(株式公開買付)」です。「TOB」とはTake-Over Bidの略で、市場を通して行う株式の買い占めとは異なり、期間・価格・株数等を公告したうえで、証券取引所を通さず対象企業の株式を既存株主から大量に買い付けることを指します。

TOBは海外の大企業間で行われているイメージが強いかもしれませんが、日本でも積極的に行われています。実際に、2018年だけでも既に28件(2018年10月12日現在、買付け中を含む)のTOBが行われています。大きな話題となった事例として、7月に公表されたソフトバンクグループ株式会社によるヤフー株式会社へのTOB(株式公開買付)や、伊藤忠商事株式会社によるユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社のTOBがあげられます。このように事例が非常に増えているため、あらゆる上場企業がTOBの対象となる可能性があります。

本記事では、TOBの目的や手法、TOBに対する防衛策、具体的な事例までわかりやすく解説します。特に上場企業の経営者や法務、経営企画担当の方は正しく理解しておきましょう。

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス
プライバシーポリシーに同意のうえ、

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索