【2022年】運送業界・物流業界のM&A事例15選!専門家による解説付き【最新版】

近年のEC市場の拡大に伴い、細かな時間指定や温度管理など利便性の高い宅配便輸送が消費者の支持を得ており、運送業界・物流業界の市場が拡大しています。

国土交通省の調査によると、2020年度の宅配便取扱個数は48億3647万個と、前年度と比較して11.9%の増加となりました。その結果、運送業界・物流業界では、深刻な人手不足が叫ばれています。2013年には佐川急便がAmazonとの取引を停止し、2017年前半にはヤマト運輸もAmazonの一部配送サービスから撤退。これらのように、世間を騒がせるほど配送物が増加し、運送業界のオペレーションが逼迫しています。

運送業界のM&A資料|幸せのM&A - 運送業界 -

一方でAmazonや楽天市場を中心としたネット通販市場は今後も成長が期待されるため、宅配便の需要は引き続き伸びていくと予想されます。加えて、国内の貨物輸送量全体でも前年比0.3%増と3年連続でプラスの数字を記録しており、今後も緩やかではありますが増加が見込まれています。
さらに、物流業界では「2024年問題」と呼ばれる諸問題が課題とされています。2024年4月1日から、働き方改革関連法により「自動車運転業務における時間外労働時間の上限規制」が適用されます。具体的には、トラックドライバーの時間外労働時間が年間960時間に制限されます。これにより、ドライバーの労働時間に罰則付きで上限が設定されることとなるため、「売上・利益減少」や「ドライバーの収入減・離職」、「荷主側における運賃上昇」といった副次的な問題が生じる可能性があります。

こういった状況を打開するための手法として、近年運送業界ではM&Aが注目を集めています。
本記事では、M&Aアドバイザーが運送業界・物流業界の定義や現状を説明し、運送業界の様々な課題を解決した最新のM&Aの事例を紹介していきます。運送業界・物流業界のM&Aを考えている方は、ぜひ参考にしてください。

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索