M&A
CONTENTS

秘密保持契約書(NDA)の解説とひな形使用時の注意点 M&Aの情報漏洩対策のために

企業が経営を行う上で、他社との取引は必要不可欠です。その際に自社の情報を他社に提供する場面は少なくありません。その情報の中には、情報の漏洩により自社が不利な立場となりうるような秘密情報も含まれます。そのため多くの企業は、他社に開示した情報の漏洩リスク対策のために、秘密保持契約を結びます。

M&Aの交渉を進めるにあたり、譲渡企業はM&A仲介会社や譲受企業と様々な契約を締結します。その中でも、情報の秘匿性を担保できる秘密保持契約は非常に重要なものです。秘密保持契約を締結し、秘密情報の開示可能先や使用可能範囲、万が一情報が漏洩してしまった際のルールを決めておくことで、両者に抑止力が働き、安心してM&Aの交渉を進めることができるのです。

本記事では、秘密情報を「特定の会社以外が知ると自社が損害を被る可能性のある情報」と定義し、M&Aにおける秘密保持契約の重要性について説明します。

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス
プライバシーポリシーに同意のうえ、

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索