【2019年】住宅建設業界のM&A事例10選!専門家による解説付き【最新版】

住宅建設業界とは、新築の戸建住宅を供給する会社が属する業界を指します。業界の中では、規模によって呼称が「ハウスメーカー」や「ビルダー」、「工務店」と大きく3つに分かれます。一般的に、ハウスメーカーは日本全国に拠点があり、年間販売棟数が数千棟~1万棟に達する会社、ビルダーは1~3都道府県程度のエリアに特化し、年間数百棟~数千棟の住宅を供給している会社、工務店は地域密着型の年間数棟~数十棟の規模で活動している会社を指します。

住宅金融支援機構の調査によると、住宅業界全体の規模は、2017年4月〜2018年2月における住宅の着工数が876,780戸であり、これは前年度の着工数(898,250戸)と比較すると2.4%(21,470戸)の減少となっています。

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索