M&Aの善管注意義務とは?取締役・役員の判断と判例からみる違反ライン

取締役は職務執行上、任務を怠ったことにより会社に損害を生じさせた場合などには、それを賠償する責任を負います。

この取締役の会社に対する責任の追及方法としては、監査役など会社の機関が訴えを提起する(会社法(以下、法)353条・法364条・法386条)以外に、株主の監督是正権の一環で株主による責任追及などの訴え(法847条-847条の3)の提起権が認められています。

では、M&Aを実行したことにより、会社に損害が発生した場合、どのような場合でも取締役はその損害を賠償しなければならないのでしょうか。M&Aにおいて、どのような場合に取締役がその責任を負うことになるのか、取締役の負う注意義務などから解説していきます。

▷関連記事:M&Aとは?M&Aの目的、手法、メリットと流れ【図解付き】

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索