M&A
CONTENTS

IT業界専門のM&Aアドバイザーが解説!ベンチャー企業のM&Aが急増している背景と最新の事例14選

近年、新たなサービスが次々と世の中に登場し、最新のテクノロジーを活用したベンチャー企業の数も増加しています。そのような状況の中、大企業も新規事業を立ち上げたり自社のサービスを強化するために、最先端技術を保有したベンチャー企業を買収する事例(M&A)が増加しています。

M&Aといえば、ヤフーによるZOZOの譲り受けやZホールディングスとLINEの経営統合などが記憶に新しいと思います。

2020年1月に発表されたMARR Onlineの調査によると、2019年の日本のM&A件数は4,088件で、2018年の3,850件を238件上回り、過去最高を記録しました。2012年以来、8年連続の増加となっています。また、4,088件のうちベンチャー企業へのM&Aは1,375件と全体の33.6%を占めており、約3社に1社がベンチャー企業とM&Aを行っていることがわかります。

では、ベンチャー企業へのM&Aが増加している背景にはいったい何があるのでしょうか。

本記事では、ベンチャーM&Aが増加している理由と2019年の最新M&A事例を紹介します。また、FUNDBOOKに所属するIT業界専門のM&Aアドバイザーに今後のM&A動向の展望をインタビューしました。

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索