持株会社設立による経営統合とは?合併に代わるM&Aの手法

業界再編と持株会社


昨今、日本の経営環境はとても厳しいものになってきています。
人口減少などを起因とした日本市場の縮小により、多くの企業が生き残りに必死となっています。地銀の統合や百貨店の地方からの撤退は、まさにそういった流れによるものです。

大手企業でさえ生き残りが厳しい中で、中小企業の負担はさらに大きいものになっているでしょう。

単独で生き残ることが厳しい中で、経営統合によって経営の合理化を図る必要があります。この経営統合をする手段の1つに、持株会社の設立があります。持株会社の設立は1999年の独占禁止法改正により可能になりました。以前は合併でしか統合が出来ませんでしたが、持株会社設立が許可されたことで比較的容易に経営統合を行えるようになりました。

この記事では、持株会社とは何か、そして合併による経営統合と比べてどのような違いがあるのかを解説します。

M&A全体について概要をつかみたい方はこちらをご参照ください。

関連記事:M&Aとは?M&Aの目的、手法、メリットと流れ【図解付き】

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索