M&A
CONTENTS

吸収合併の手続きに必要なこと 存続会社と消滅会社で利害を残さないために送るプロセス

社会の変化に伴い、企業を取り巻く環境が急激に変化しています。それは従業員側だけではなく、経営者側も同様です。例えば、最近中小企業の多くが直面している後継者不在についても解決すべき問題の一つです。その後継者問題の解決のために、M&Aが昨今活発化しています。M&Aにはさまざまな手法があり、その一つに吸収合併があります。後継者不在の会社が吸収合併で事業を包括的に承継することで、事業と従業員の雇用の両方が継続できます。

それでは、事業と従業員の雇用継続ができる吸収合併を考えたときに吸収合併存続会社(吸収する側の会社)側と吸収合併消滅会社(吸収される側の会社)側はどのように手続きを進めていけばいいのでしょうか。また、吸収合併消滅会社においては会社が消滅することなどから、社会保険の手続きが重要になってきます。今回は事業承継問題の解決にも活用できる、吸収合併の手続きの流れや社会保険の手続きの注意点を解説していきます。

※本記事では、吸収合併を行った後に存続する会社を「合併会社」、吸収合併を行った後に消滅する会社を「被合併会社」とします。

▷関連記事:M&Aにおける吸収合併とは?手続きやメリット、登記方法を解説
▷関連記事:M&Aの方法はどのようなものがあるか?特徴を理解し最適な手法を選ぶ

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス
プライバシーポリシーに同意のうえ、

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索