M&A
CONTENTS

これからの医業経営において求められることが増える「経営最適化」とは

【医療法人・介護事業者・社会福祉法人向け】3日程開催ヘルスケアWebセミナーのお申し込みはこちら

本記事では、主に医療法人を対象とします。現在、医療法人の中には、過去の積極的な拡大路線、多角化戦略があだとなり、赤字が続く病院や老健施設など、不採算の施設または事業部門を抱える法人があります。これには、経営者としての判断の適否とは別に、国の医療政策の変遷に翻弄されてきた、やむを得ない面もあったでしょう。このような医療法人の経営者に現在求められているのは、一度立ち止まって、事業承継を含めて、これからの医療経営についての方向性を考えていくことではないでしょうか。その中では、広げすぎた事業ポートフォリオ(事業の組み合わせ)の最適化(ダウンサイジング)を図ることも、選択肢の1つとなるでしょう。

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索