酒蔵の廃業を救う!ブームを影で支える日本酒業界のM&A事例8選

2018年6月、市販酒を対象にした国内最大の日本酒コンペティション「SAKECOMPETITION 2018」が開催され、今年も世界一の日本酒が決定しました。いま、世間では空前の日本酒ブームが到来しています。2013年12月に和食が「ユネスコ無形文化遺産」に登録され、これをきっかけに世界中から和食への関心が高まり、日本酒の海外展開も進んでいます。また、日本酒造組合中央会が実施した「日本人の飲酒動向調査」よると、日本酒は料理の美味しさを引き出してくれることが広く理解されてきており、日本酒を「食前酒」から「食中酒」として飲む人が増えていることが報告されています。

しかし、日本酒ブームが広がるその裏で、酒蔵の廃業が問題となっています。また、日本酒の国内消費の低迷や若年層の酒離れなど、時代の変化につれて日本酒を取り巻く環境も変わりつつあります。本記事では、日本酒ブームの影にある蔵元の廃業に焦点を当てて、その伝統を受け継ぐ日本酒業界のM&A事例を紹介していきます。

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索