営業譲渡とは?事業譲渡との違いやメリット・デメリットを解説!

営業譲渡を行えば、自社事業の一部のみを相手企業に譲り渡せます。会社全体を手放すわけではないので、経営は継続できます。

買収側にとっても、自社に必要な事業を債務や負債のリスクなく得られるので、双方にメリットが大きいです。

ただ、「事業譲渡とは何が違うのか?」「どんな手続きを行うのか?」と疑問に感じることも多いでしょう。

そこでこの記事では、営業譲渡について詳しく解説します。読み進めることで、以下の結果を得られるでしょう。

・営業譲渡がどんなものか分かる
・事業譲渡との違いを把握できる
・売り手・買い手双方のメリットとデメリットを知れる

営業譲渡について知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。
 
このような方におすすめです。
 
自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索