M&A
CONTENTS

米国で話題の特別買収目的会社(SPAC)とは?

米国では、「特別買収目的会社(SPAC)」が注目を集めています。

実際、2020年7月〜9月の米国の新規株式公開(IPO)市場が調達した630億ドル(約6兆6千億円)の約半分は、特別買収目的会社(SPAC)が占めました。

この記事では、特別買収目的会社(SPAC)について、現役のM&Aアドバイザーが解説していきます。

特別買収目的会社(SPAC)は、日本ではまだ認められていません。しかし、日本でも、2008年に東京証券取引所が導入を検討した過去があります。

経済界では、注目が集まる話題ですので、この記事をぜひ活用して頂ければ幸いです。

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス
プライバシーポリシーに同意のうえ、

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索