選択と集中とは?M&A実例からみる経営戦略の考え方や成功のポイント

経営戦略として、選択と集中という事業整理の手法が挙げられます。自社内の強みと弱みを明確にし、中核事業に技術や資産を集中させることで、収益性やコストの削減が見込める方法です。

選択と集中は、いつ考えられ、現在どのように経営戦略として活用されているのでしょうか。より深く戦略のポイントを知ることで、戦略的な経営が可能になります。本記事では選択と集中のメリットやデメリット、成功のポイントについて説明します。

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索