M&A
CONTENTS

【2020年】警備業界のM&A事例10選!専門家による解説付き【最新版】

延期にはなりましたが、2020東京オリンピックの開幕が刻々と迫っています。「観戦に行きたいけど、安全なの?」と思う人もいるかもしれません。東京都で行われる過去最大規模のイベントに伴い、東京オリンピックではなんと約1万4,000人もの民間警備員が従事するうえ、その他にも警察官やボランティアなどを含めて警備体制に5万人以上が動員される予定になっています。

開催期間中には世界中から多数の観戦客が東京を訪れることが見込まれており、人々の安全を確保するためには多くの警備員の従事が不可欠です。東京オリンピック開催に向け、生活の安全・安心への関心が高まりつつある昨今、警備会社の需要が高まっています。

実際に2011年の東日本大震災以降、消費者の安全・安心を求めるニーズが増加したことで、警備業界のニーズは防犯から防災・救急へと移っています。そのニーズの増加に伴い、警備業界の企業の事業拡大が活発化しています。本記事では、事業拡大を図るための手段のひとつであるM&Aに焦点を当てて、警備業界の最新の動向や事例を紹介していきます。

▷関連記事:M&Aとは?メリットや手法、流れなど成功するための全知識を解説

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索