【2019年】人材業界のM&A事例10選!専門家による解説付き【最新版】

人材業界は、人材派遣業や人材紹介業、求人広告業、人材コンサルティング業など、人材に関する幅広いサービスを提供する業界です。中でも、人材派遣業と人材紹介業の売上が主なものとなっています。

厚生労働省が発表した労働派遣事業報告書によると、2016年度の人材派遣業界の年間売上高は6兆5,798億円となり、リーマンショック以降では最高の数値となりました。また同省が発表している職業紹介事業報告書によると、2016年度の人材紹介業の年間売上高は約3,876億円となっていて、こちらもリーマンショック後、最高となりました。

これらの背景には多くの会社の人手不足があり、2016年度12月の有効求人倍率は1.43倍と、バブル期のピークである1990年7月の1.46倍に近づく高い倍率となっています。

また、2020年の東京オリンピックによる建設需要の増加やIT人材の需要の増加により、今後も人材不足が加速し、より人材派遣や人材紹介業界が成長していくと予測されています。

本記事では、人材業界の定義や動向を簡単に紹介した上で、人材業界で行われたM&Aの事例について、業界大手の事例や2019年度に実施された事例、注目の事例などをご紹介したいと思います。

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索