【2022年】不動産業界のM&Aの動向、メリットを譲渡企業・譲受企業それぞれの目線から解説【最新版】

2007年に起きたサブプライムローン問題や2008年のリーマンショックの不況を経て、不動産業界は活気を取り戻しています。しかし、新型コロナウイルス感染症による大幅な需要減少や人口減少・大都市集中による需要の地域差の拡大など、懸念点はいくつも複数存在するため、不動産業を営む経営者の方は対策を講じる必要があります。

そのような状況の中で、解決策のひとつとして注目されているのが「M&A(Mergers and Acquisitions)」です。株式や事業の譲渡をはじめ、会社同士が合併や提携をすることにより、資産の増加や販路の拡大、ブランドの強化が期待できます。

本記事では、不動産業界の歴史から現状まで、業界定義や今後の動向、譲渡企業・譲受企業から見たM&Aのメリットを解説していきます。

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索