M&A セミナー

M&Aの情報を得たいときや、不明点を解消したいときには、M&Aのセミナーに参加することもひとつの方法です。さまざまな企業が多様なセミナーを開催しているため、自社にとって適切なセミナーを選ぶことが難しいということもあるでしょう。

本記事では、M&Aセミナーの種類や内容の違い、セミナーに参加するメリットなどについて解説します。

▷関連記事:M&Aとは?M&Aの目的、手法、メリットと手続きの流れ

「目的」との相性を考慮する。M&Aセミナーの種類

M&Aセミナーは、その内容や目的はさまざまで、開催している組織も異なります。セミナーを選ぶ際には、経営者や自社の「目的」に合わせて選ぶことが大切です。

企業の規模にかかわらず、さまざまな目的のためにM&Aは活用されています。「資金調達」や「不採算事業の整理」、「後継者不在の解決」や「事業承継」など、その理由もさまざまです。

M&Aセミナーへの参加を検討するにあたっては、「なぜM&Aを行うのか」という目的をまず明確にしておきましょう。例えば、事業承継が目的であるにもかかわらず、資金調達を説明するセミナーに参加した場合、その内容からメリットを得ることは難しいでしょう。

セミナーをより価値のあるものにするためには、M&Aの「目的」についてよく検討し、目的に合った内容のセミナーを選ぶことが大切です。

▷関連記事:M&Aを行う目的とは?注目される理由をメリット・デメリットと共に解説

「中小企業向け」や「上場企業向け」など企業規模や業種毎に異なる

M&Aセミナーには、上述のような目的別のセミナーのほかに、企業規模別のセミナーもあります。「中小企業向け」や「上場企業向け」などに加え、業種別のセミナーなどもあります。

中小規模向けのセミナーでは、事業承継や後継者問題の解決方法に関するセミナーが多くなります。自社の企業形態や企業規模によって、M&Aで解決すべき課題も変わってきます。そのため、企業規模や業種に合ったセミナーを選ぶことも大切です。

M&A セミナー

法律事務所の「法務セミナー」のように一部に特化したセミナー

M&Aの実務において重要な法務など一部の内容に特化したセミナーもあります。どのような内容に特化しているかは、主催企業によって異なります。経済や戦略などに焦点をあてたものもあれば、銀行による財務や税務、M&Aに強い法律事務所の法務に重点を置いたセミナーなどが開催されています。

M&Aの目的や課題がはっきりしている場合、こうした専門的なセミナーに参加することもお勧めです。M&Aにおいて重要な法務や実務について知ることができるため、包括的にM&Aを解説するセミナーよりもより深い知識を得やすくなります。

M&A仲介会社、アドバイザリー会社の目的や戦略を整理する「無料セミナー」

M&Aに興味があるものの、まだ目的がはっきりとしてない場合、無料セミナーで目的や戦略を明確にする、という方法もあります。無料セミナーは一般的に初心者向けの内容が多いため、無料セミナーで基本的な知識を得て、目的を明確にさせてから専門的なセミナーを受講する、といった流れもお勧めです。

スムーズかつ効率的にM&Aの知識を培ったり、自分の理解が正しいか確認することができるというメリットもあります。

M&A セミナー

M&Aセミナーに参加するメリット

M&Aセミナーに参加するメリットは、主に以下のようなことがあります。

M&Aについて不明点の解消や情報収集ができる

特に譲渡企業では、M&Aについて詳しい経営者はあまりいないといえます。インターネットなどによる情報収集もひとつの方法ですが、自社の規模や状況にそぐわない情報も多く、知識が増えることで疑問点が増える場合もあるでしょう。

インターネットなどの情報だけでは理解できなかった体系的な話を専門家から聞けたり、セミナー会場で直接相談できたりするメリットは大きいものです。

セミナー参加が課題を解決する人脈を創出することも

M&Aセミナーでは、自社と同じようにM&Aを検討していたり、企業課題を抱えていたりする他の企業と出会える場合があります。こうした他の企業との出会いの中から、相互に協力して、課題解決の糸口が見つかるケースもあるのです。例えば、すでにM&Aの経験している企業と出会い、お勧めのM&A仲介会社などを紹介してもらうことなどが考えられます。

セミナー参加には、主とする目的以外にも、こうした副次的なメリットも期待できます。他社のM&A担当者や経営者と情報交換することで、自社の課題がより明確になるケースもあるでしょう。

信頼できるM&Aの相談先かを見極める機会になる

M&Aでは法律や会計、税務といった専門的な知識が欠かせません。そのため、M&Aを実施する際は、知識や経験が豊富な専門家に協力を依頼することが一般的です。

また、M&Aは相談から成約までにかかる期間は長いうえ、自社にとって大きな影響があるものです。そのため、信頼できる相談先を見つけることがとても重要となります。

マッチング優先で譲渡企業に寄り添わないM&A仲介会社ではないかなど、インターネットの評価だけではなく、実際の人柄や雰囲気などを知ることができるセミナーは、M&Aのサポートを依頼する先を探す場としても適しているといえるでしょう。

M&Aセミナーの開催事例

実際に弊社で開催したM&Aセミナーを、事例としてご紹介します。

1 M&Aの未来セミナー2019

M&A セミナー

他社の譲受けを検討されている企業向けに、株式会社セールスフォース・ドットコムと共同セミナーを開催しました。

セールスフォース・ドットコムの伊藤 靖氏による、M&A成功のためのCRM活用方法の解説や、弊社代表の畑野 幸治より従来型のM&A仲介ビジネスの課題と、コンサルティングサービスとプラットフォームサービスを掛け合わせた「ハイブリッド型ビジネスモデル」の可能性をご紹介。

また、実際に成長戦略にM&Aを活用している企業の代表を交え、セミナータイトルでもある「M&Aの未来」をテーマにパネルディスカッションを行いました。

M&Aの未来セミナー2019

2 イグジットM&Aの最前線

M&A セミナー

株式会社SPLENDIDの塩谷 航平氏、株式会社ユナイテッドネオの竹内 一雄氏をお招きし、「イグジットM&Aの最前線」をテーマにパネルディスカッションを行いました。イグジットの手法が多様化する中で、経営者はどのタイミングで何を選択するべきか、新時代のイグジット戦略とその成功要因を解説しました。

イグジットM&Aの最前線

FUNDBOOKでは、このようにM&Aに関するさまざまなテーマについてのイベントを定期的に開催しています。M&Aを検討している方はもちろん、情報収集やM&Aを一から学びたい方はぜひ一度ご参加ください。

M&Aのセミナー・イベントのお知らせ

まとめ

M&Aセミナーにはさまざまな種類があり、初心者向けの無料セミナーから専門性の高いものまで、その内容は多様です。

自社のM&Aの目的にあっているか、基礎的な知識は身についているか、企業規模や業種などによっても、参加するべきセミナーは異なってきます。セミナーを有意義なものにするためにも、自社の状況に適したセミナーを選ぶことが大切です。

「インターネットでM&Aについて調べても疑問が解消しない」「自社のM&Aを具体的にイメージできていない」といった場合は、一度無料で参加できるセミナーに参加してみるとよいでしょう。