国土交通省が発表している「設備工事業に係る受注高調査結果(各工事主要20社)」によると、電気工事業界の受注高は2017年においては約1兆5,513億円と、2016年の約1兆5,472億円に比べて約40億円の増加となりました。この背景には東京オリンピックに向けた首都圏の関連施設の建設や、都市の再開発があるとみられています。

しかし、建設資材の高騰や技術労働者の不足により工事進捗が遅れ、外注による人件費や資材単価が上昇するといった問題も起きています。人材の確保が必要である一方、2020年の東京オリンピック以降は人口減少の煽りも受けて、受注が大幅に減少していくことも予測されています。

そのため、電気工事などを含む設備工事業や建設業は、2020年以降の経営方針の見直しに迫られています。設備工事の種類や対応可能な地域の拡大、そして日本の技術力を活かした海外への事業展開などを行う会社も増えています。事業拡大するうえで、経営戦略としてのM&Aが積極的に行われています。

本記事では、電気工事業界の定義と動向、業界大手によるM&Aや2018年のM&A最新事例、海外企業、複数社を巻き込んで行われたM&Aといった3つの切り口で具体的な事例を紹介します。

参考URL:国土交通省『設備工事業に係る受注高調査結果』
参考URL:業界レポート 設備工事業 – リスクモンスター株式会社

~目次~
電気工事業界とは?最新の業界動向を解説
業界大手による5年以内のM&A3選
電気工事業界の2018年最新のM&A事例3選
海外企業や複数社を巻き込んで行われたM&A事例3選
専門家によるコメント

今回話を聞いたM&Aアドバイザー


FUNDBOOK M&A 西塚淳

西塚 淳

株式会社FUNDBOOK
営業戦略本部 エグゼキューション部
アソシエイトヴァイスプレジデント

2012年に三井住友信託銀行株式会社に入社。富裕層向けコンサルティング営業を経て、金融法人部にて大手金融機関担当として法人営業に従事。社長賞3回受賞の実績を有する。2016年株式会社日本M&Aセンターに転職。提携金融機関を担当し、主に譲渡企業側のアドバイザーとして業種問わず10件以上のM&Aを経験。2018年1月より、株式会社FUNDBOOKにてM&A仲介業務に従事。

電気工事業界とは?最新の業界動向を解説

電気工事業界を知る上で「総合工事業者(ゼネコン)」と「設備工事業者(サブコン)」の違いや、建設業界全体の仕組みについて知る必要があります。

ゼネコンとはGeneral Contractorの略称で、建設工事における施工全体の管理業務を行う会社を指します。一方で、サブコンとは建設における工程の中でも、特定の領域だけを担う専門工事業者を指します。具体的には空調工事や排給水工事などが該当し、電気工事もこのサブコンの中に含まれます。

建設業界全体では、案件の発注の流れは「一括発注」と「分離発注」に分かれます。一括発注とはゼネコンを元請け、サブコンを下請けとして仕事を発注する体制を指します。

一方で、分離発注とは建設工事と設備工事を別々に発注する体制になります。業界全体のうち約65%が一括発注、約30%が分離発注となっています。そのため、電気工事業界の売上は建設業界全体の売上に大きく左右されることになります。

建設業界全体の動向については、下記の記事にまとめていますのでご参照ください。

▷関連記事:【2018年最新版】建設業界のM&A事例11選!専門家による解説付き

次に、電気工事業界のみの受注高をみてみましょう。「平成30年8月分(速報)設備工事業に係る受注高調査結果(各工事主要20社) – 国土交通省」によると、2014年の売上は約1兆4,620億円と、2013年の約1兆4,977億円に対して約350億円減少しています。その後、2015年からは上昇を続け、2017年には約1兆5,513億円まで到達しました。今後は、民間建設投資が減少すると見られており、電気工事の売上高も減少していくと予測されています。

参考URL:総合政策:設備工事業に係る受注高調査結果  国土交通省

また、経済産業省が2017年3月に発表した「電気保安人材の将来的な確保に向けた検討について」によると、電気主任技術者の2種・3種、電気工事士1種・2種を保有する人材が将来的に減少する可能性が予測されています。

電気主任技術者1種は需要に対する人材不足の見込みは当分ないとみられていますが、第2種、第3種はともに実務で必要とされる人材は不足していく傾向にあるようです。第2種は再生エネルギーの増加による保守に必要な人材不足、第3種は業務ビルの増加により発生する業務に対応できる人材不足が予測されています。

電気工事士に関しても、同様に人材の減少が見込まれています。第1種電気工事士は、2021年には就業する若い世代よりも定年により退職する高齢の就業者が多いと見込まれており、約4万人程度の人材不足、第2種電気工事士に関しては2020年頃から人材不足が顕在化していき、2045年には約1万人ほどの人材不足が起こると予測されています。

参考URL:電気保安人材の将来的な確保 に向けた検討について – 経済産業省
参考URL:電気工事業法に基づく申請・届出等の手引き(METI/経済産業省)
参考URL:電気工事業界の実際ー全日本電気工事業工業組合連合会
参考URL:業界レポート 設備工事業 – リスクモンスター株式会社

5年以内の業界大手によるM&A3選

1.株式会社関電工による佐藤建設工業株式会社の完全子会社化


引用元:https://www.kandenko.co.jp/

2016年10月、株式会社関電工は送電線工事会社である佐藤建設工業株式会社の全株式を取得し、完全子会社化しました。

関電工は電気設備工事や空調・給排水設備、電力設備工事など総合設備業を行なっている会社になります。2016年には、再生可能エネルギーの導入拡大や電力システム改革の進展に向け、電力会社は送電設備の確保に取り組んでいるため架空送電線工事の増加が見込まれています。

しかし、架空送電線に従事する作業員は減少傾向にあり、人材不足が送電線工事業における課題とされています。そこで、同領域に強みをもつ佐藤建設工業を子会社化し、技術と共に優秀な人材を獲得することで、この課題を解消させる目的です。

これまでも、2005年に関電工と佐藤建設工業は送電線工事用機材をリースする株式会社電力機材サービスを共同で設立しており、送電線工事分野における協調体制を築いていました。

今回のM&Aを機に、電力の供給面における連携を強固にし、送電線の建設・維持のみならず、総合設備企業グループとして機能強化を図るとのことです。

参考URL:中期経営計画 – 株式会社関電工
参考URL:送電線工事会社の子会社化に関するお知らせ-株式会社関電工
参考URL:会社概要 – 株式会社電力機材サービス

2.株式会社九電工によるエルゴテック株式会社の子会社化


引用元:http://www.kyudenko.co.jp/

2018年3月、株式会社九電工はエルゴテック株式会社を子会社化しました。

九電工は、福岡に本社を持ち、主に九州地方を中心に電気設備工事をはじめとした総合設備業を展開している会社になります。

2016年4月に訂正された九電工の中期経営計画によると、首都圏における経営基盤の強化・拡大を掲げており、東京をはじめとした首都圏での業容拡大を目指しています。

エルゴテックは空調・給排水・衛生・防災・電気・計装などの総合設備工事を行なっており、全国25,000件の設計・施工実績があります。今回、エルゴテックが持つ営業ネットワークや人材とのシナジーを期待した子会社化となります。

今後、九電工は屋内線工事の売上を伸ばす計画をしており、M&Aを行うことで電気工事業に注力していくとみられています。

参考URL:中期経営計画(PDF)- 株式会社九電工
参考URL:中期経営計画の見直しに関するお知らせ – 株式会社九電工
参考URL:エルゴテック株式会社の株式追加取得(子会社化)に関するお知らせ – 株式会社九電工
参考URL:資本・業務提携に関するお知らせ -株式会社九電工/エルゴテック株式会社

3.株式会社中電工による杉山管工設備株式会社の子会社化


引用元:http://www.chudenko.co.jp/

2016年8月、株式会社中電工は杉山管工設備株式会社を子会社化しました。

杉山管工設備は設立以来、ビル・工場・公共施設の空調管工事のほか、防災設備工事などの設備工事を神奈川県および東京都を中心に展開しています。

2018年4月に発表された中電工の中期経営計画によると、中電工は中国地方だけでなく首都圏における営業基盤の拡充を掲げていることから、同地域に強みを持つ杉山管工設備の子会社化に繋がりました。

この子会社化により、首都圏における電気工事ならびに空調管工事を拡大する狙いがあるとみられています。

参考URL:中期経営計画 – 株式会社中電工
参考URL:杉山管工設備株式会社の株式取得(子会社化)に関するお知らせ-株式会社中電工

電気工事業界の2018年のM&A最新事例3選

1.コムシスホールディングス株式会社によるNDS株式会社との株式交換による完全子会社化


引用元:http://www.comsys-hd.co.jp/index.php

2018年10月、コムシスホールディングス株式会社はNDS株式会社と、コムシスホールディングスを株式交換完全親会社、NDS社を株式交換完全子会社とする株式交換により経営統合を行いました。

コムシスホールディングスは、NTTグループ向けの通信インフラネットワーク構築を中心に事業を行なっており、他にもガス・水道等ライフライン設備や電線類の構築事業、ICT事業など多岐にわたるサービスを、公共ならび一般の顧客に対して展開しています。

一方で、NDSは東海・北陸地方においてNTTグループ向けのサービスと、東海・北陸地方に加え首都圏・関西地方において通信設備・電気・土木等の工事請負事業を展開しています。そのためこのM&Aにより通信建設業や電気工事業において連携し、対応エリアや事業分野の拡大展開を図っています。

▷関連記事:株式交換とは?メリットから株式交換比率、株価の変動と注意点までを徹底解説
参考URL:2018年3月期決算説明会-コムシスホールディングス株式会社
参考URL:コムシスホールディングス株式会社とNDS株式会社の経営統合に関する株式交換契約締結のお知らせ

2.株式会社協和エクシオによるシンガポールのLeng Aik Engineering Pte Ltd グループの完全子会社化


引用元:http://www.exeo.co.jp/

2018年10月、株式会社協和エクシオはシンガポールの電気・総合設備工事を展開するLeng Aik Engineering Pte Ltd(以下、LAEグループ)の全株式を取得し、完全子会社しました。

協和エクシオは2016年5月に策定した中期経営計画において、M&A、アライアンスの推進による業容拡大を基本方針の1つに掲げており、その1つとしてLAEグループを子会社化しました。

LAEグループは電気設備工事に加え総合設備工事も手掛けており、シンガポール国内において技術力と工事品質が評価されています。

この完全子会社化をきっかけに、すでに展開しているフィリピンとタイに加え、シンガポール市場へ参入することで、アジアにおける都市インフラ、システムソリューション事業の拡大を加速させていく計画が発表されました。

参考URL:中期経営計画(2016年度~2020年度)策定のお知らせ-株式会社協和エクシオ
参考URL:協和エクシオ、シンガポールの電気・総合設備工事会社Leng Aik Engineering Pte Ltd グループの全株式を取得-株式会社協和エクシオ

3.株式会社ミライト・テクノロジーズによる西日本電工株式会社の子会社化


引用元:https://www.tec.mirait.co.jp/

2017年8月、株式会社ミライト・テクノロジーズは西日本電工株式会社の株式を取得し子会社化しました。

ミライト・テクノロジーズは、コムシスホールディングス株式会社や株式会社協和エクシオと並び、NTTグループ向けの通信インフラネットワーク構築を中心に事業に展開している会社です。しかし、今後の通信移動体事業の先行きが不透明なこともあり、電気設備工事など、通信以外の分野で強みを持つ西日本電工の子会社化に至りました。

この子会社化により、ミライト・テクノロジーズは西日本電工のもつ電気設備工事や空調設備工事、太陽光発電設備工事の事業を展開することが可能になりました。

今後は通信事業に留まらず、電気設備やビル付帯設備においてもサービスを提供し「総合エンジニアリング&サービス会社」を目指していきます。

参考URL:中期経営計画 | 経営方針 | IR情報 | ミライト・ホールディングス
参考URL:西日本電工株式会社の株式取得(子会社化)に関するお知らせ

海外企業、複数社を巻き込んで行われたM&A事例3選

1.株式会社中電工と株式会社日本政策投資銀行によるRYB Engineering Pte. Ltd.の子会社化


引用元:http://www.chudenko.co.jp

2017年10月、株式会社中電工は株式会社日本政策投資銀行との共同出資により、特別目的会社CHUDENKO ASIA PTE. LTD.をシンガポールに設立し、シンガポールで電気工事業を行うRYB Engineering Pte. Ltd.(以下RYB社)の発行済株式のうち70%を取得し、連結子会社化しました。

中電工は、2015年度に発表した中期経営計画のうちの1つである「経営基盤の強化と更なる成長」に沿ってM&Aや人材の育成を目的とした投資を行なっており、その1つとしてRYB社のM&Aが行われました。RYB社はデータセンター工事を中心に実績を上げており、その技術力はシンガポール国内で高い評価を受けています。中電工はマレーシアにも現地法人を持っていますが、新たにRYB社をグループに加えることで、東南アジアにおける優秀な人材や優良顧客を獲得し、事業拡大に繋げることが目的です。

中電工は2018年4月に発表した中期経営計画の中で「地盤である中国地域だけでなく都市圏・海外でも存在感を発揮できるグループ」を目指すことを掲げているため、今後もM&Aや海外法人の設立を行い事業の拡大をしていくとみられています。

参考URL:中期経営計画 – 株式会社中電工
参考URL:シンガポールの電気工事会社の株式取得(子会社化)に関するお知らせ – 株式会社中電工

2.株式会社きんでんによるインド企業Antelec Limitedの子会社化


引用元:http://www.kinden.co.jp/

2017年11月、株式会社きんでんはインド企業Antelec Limited(以下、アンテレック社)の51%の発行済株式を取得し、子会社化しました。

2017年3月に策定した中期経営計画において、きんでん社は事業戦略の1つとして総合設備業としての3本柱(一般電気・環境関連・情報通信)の強化・連携、海外における長期的事業展開を掲げており、それに基づいた経営判断であるとみられています。

今回の子会社化により、アンテレック社傘下にあった数多くのインド国内の企業、ならびに国外の企業が所有する顧客網を獲得することで、きんでん社の海外における事業体制を構築するとともに、営業網の拡大を進めていくようです。

今後は、日本国内と同様の品質サービスをインドへ進出する日系企業に対して低価格で提供し、インドでの事業の拡大へ貢献していくことを発表しています。

参考URL:企業理念の制定並びに成長戦略及び中期経営計画(2017~2020年度)の策定に関するお知らせ
参考URL:Antelec Limitedの株式取得に関するお知らせ

3.株式会社協和エクシオによるシーキューブ株式会社、西部電気工業株式会社、日本電通株式会社との株式交換による経営統合


引用元:http://www.exeo.co.jp/

2018年5月、株式会社協和エクシオはシーキューブ株式会社、西部電気工業株式会社、日本電通株式会社の3社と株式交換契約を締結し、経営統合しました。

株式会社協和エクシオやシーキューブ株式会社、西部電気工業株式会社、日本電通株式会社はNTTグループ向けの通信工事を主要事業をそれぞれ展開しています。

その中で、NTTグループの固定通信への設備投資は抑制傾向にあります。その対策として、今回の経営統合により、各社の強みとする通信設備工事における安定した収益を獲得し、事業基盤の安定化を図ることが目的です。

今後は、IoTの普及に伴うデータセキュリティの強化やクラウドサービスに関わるシステム投資の拡大、2020年の東京オリンピックに向けた首都圏再開発案件における、電気設備工事などの様々な顧客ニーズに対応できる事業体制の構築に向け協力していく計画が発表されました。

参考URL:株式会社協和エクシオとシーキューブ株式会社の 経営統合のための株式交換契約(簡易株式交換)の締結のお知らせ
参考URL:株式会社協和エクシオと西部電気工業株式会社の経営統合のための株式交換契約(簡易株式交換)の締結のお知らせ
参考URL:株式会社協和エクシオと日本電通株式会社の経営統合のための株式交換契約(簡易株式交換)の締結のお知らせ

専門家からのコメント

FUNDBOOK M&A 西塚 淳

電気工事業界は2012年頃までは譲受企業が現れず、譲渡を行うには非常に苦しい業界でした。それがここ数年間でM&Aへの需要が増えてきています。特に規模の大きい会社が地域市場を拡大するために別地域の会社をグループ化させるケースが多くあります。
電気工事は「一般電気工事」と「電気通信工事」の2つに分類され、それぞれでM&Aが増えてきた理由が異なります。
 
一般電気工事のM&Aが増えてきたのは、大手ゼネコンの会社が設備工事の事業を内製化するために始めたことが理由です。設備工事は大きく、管工事・電気工事・空調工事・衛生工事に分類されますが、多くはサブコンに外注しています。スーパーゼネコンのような規模の大きい会社はそれらを包括的に内制化するために動いているため、M&Aが増加傾向にあります。
 
一方で、電気通信工事に関しては、2013年頃に太陽光パネルが流行し始めたのがきっかけです。
当時、太陽光パネルを普及させるために国から設置の助成金が給付されており、2013年にその仕組みが改定され、導入費用が安くなったことが背景としてあります。そこで多くの会社がその需要に対応するためにパネルの設置事業を始めました。太陽光パネルを設置するには「電気主任技術者」の有資格者が現場に立ち会う必要があるため、各社有資格者を社内に確保するためにM&Aが増えました。
 
また、電気工事業界ではインドやシンガポールといった東南アジアを中心とした海外への進出が増えています。特に東南アジアは電気通信設備が発展途上であるため、今後マーケットの拡大が見込めます。
 
今回の記事には取り上げられていませんが、電気工事業界では異業種とのM&Aの事例もあります。例えば、サカイ引越センターのグループ会社に株式会社エレコンという電気工事の会社があります。これは引越しで自宅に伺った際にまとめてエアコンなどの設置サービスを提供するためにサカイ引越センターがエレコンを2010年に子会社化しました。
 
最後に今後の展望ですが、この売り手市場が長く続くことは考えにくいです。先述のように大手企業は別地域の会社をグループ化していますが、譲受企業が同じ地域の会社をいくつも傘下に入れるとは考えにくいため、この売手市場が長く続くとは思えません。そのため、将来的に譲受する会社の数はそこまで多くないと考えられます。譲渡企業としては早い段階で譲受企業のグループ傘下に入ることが有効な手段と考えられます。

まとめ

今回は、電気工事業界におけるM&Aの事例について紹介しました。>電気工事業界は業務の特性上、建設業界に結びつきが強いことから、2020年の東京オリンピック以降に工事の需要が減少していくことが予想されています。そのため、事業の拡大・維持に向けてM&Aを行い、エリアの拡大や海外進出、対応できる業種を増やすことで市場の変化に対応する会社が増えています。2020年まではこの傾向が継続していくとみられているため、電気工事業界に限らず、建設・設備業に関わる企業のM&Aの動向を追っていくことが重要です。