電気工事業界のM&A|専門家による解説付き【2022年最新事例】

電気工事の現場

2021年の東京オリンピック前では、オリンピックに向けた首都圏の関連施設の建設や都市の再開発が積極的に行われたことにより、受注高が右肩上がりとなってい電気工事業界ですが、東京オリンピックも終わり受注高の増加に陰りが見えています。

また日本全国の中小企業と同様、人材不足や後継者不足といった課題もあり、電気工事などを含む設備工事業や建設業は202x年以降の経営方針の見直しに迫られています。
上記の様な中、事業拡大を行ううえで経営戦略としてのM&Aが積極的に行われています。本記事では電気工事業界のM&Aについて、実際の事例とともに動向や特徴を紹介します。

▷関連記事:M&Aとは?M&Aの目的、手法、メリットと手続きの流れ

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索