【2020年】化粧品業界のM&A事例10選【最新版】

近年、消費者のニーズが多様化し、品質や価格はもちろん、安心・安全を求める傾向やエコ、ロハス*1など環境を意識したライフスタイルを志向する消費者が増えています。「自然派」や「オーガニック」などに関連する商品が脚光を浴び、多くの人に支持されるようになりました。

そのような状況の中で、最近では女性だけではなくスキンケアやコスメに関心を持つ男性も増え、メンズコスメコーナーがある店舗もあります。また、インターネットでも手軽に購入できるようになりました。

昨今の化粧品業界では、より品質や価格などにおいて競争力のある商品を提供することが求められ、化粧品メーカーは国内のみならず海外へと活路を見出し始めています。加えて、インターネット通販による販売や異業種からの参入が活発化し、化粧品業界ではM&Aが積極的に行われています。

本記事では化粧品業界の現状や最新の業界動向を説明したうえで、化粧品業界で行われたM&Aの事例についてご紹介していきます。

*1 ロハス(LOHAS):lifestyles of health and sustainabilityの頭文字をとった略語。地球環境保護と健康を重視する生活スタイルのこと

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索