M&A
CONTENTS

医療経営者のアーリーリタイア、セミリタイアという選択肢

【9/8(水)参加無料】発足記念Webセミナー「病院の後継者問題を解決するセミナー」 申し込みはこちら

以前は、医療施設の第三者承継(M&Aによる譲渡など)が検討される状況はある程度限られていました。経営者の高齢化や健康問題により執務が難しくなった場合で、かつ後継者が親族内にも自院内にも見つからないときや、なんらかの事情で経営の継続が困難になった場合などです。これらはいわば、消極的選択としての第三者承継といえるかもしれません。

もちろん、現在でもそういった理由によりM&Aが選択される場合もあります。しかし、近年では以前とは異なるタイプの理由による選択も増えています。
たとえば、自院の将来を展望したとき、大手病院のグループに入ることでよりよい医療が提供できると考えられるために、というケースもあります。また、医療経営者が自分の将来を展望したときに、経営者を続ける道以外の進路をとりたいために、早期の第三者承継を選択するケースもあります。
伝統的な第三者承継の選択との比較でいえば、ポジティブ志向のM&Aだといえるでしょう。

このように、前向きで積極的な志向性で第三者承継を選択する動きは、少し前から中小企業経営者全般に見られるようになっている傾向であり、それが医療経営にも及んできたものだとも考えられます。
本記事では、特に医療経営者のライフコースの展望、セカンドライフの選択といった観点から、積極的な第三者承継の意義、およびその際の注意点などについて、解説していきます。

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス
プライバシーポリシーに同意のうえ、

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索