医療M&Aにおける事業譲渡スキームの意義と注意点

複数の病院や診療所、あるいは介護施設やその他の関連サービスなど、複数の事業を展開している医療法人(あるいは個人事業の医療経営者)も少なくないでしょう。そのような医療経営において、一部の事業領域あるいは施設だけを切り離して譲渡をしたい、あるいは事業の譲渡はしたいけれど法人は残したいといった場合があります。このようなニーズは、「事業譲渡」というスキームを用いることで実現できます。

事業譲渡は、特定の事業や資産を指定して承継させるものであり、売り手にとっては経営戦略に柔軟に対応したM&A戦略を可能にし、また、買い手にとっては、法人全体を譲受ける場合と異なり、その事業外での各種リスクが遮断できるなどのメリットがあります。

一方で、事業譲渡は、契約関係や権利義務の承継が複雑になるなど、M&Aプロセスの事務負担が重くなる傾向があります。医療施設の場合、病床等の許認可取得の可否や患者のカルテの引き継ぎなど、医療施設特有のクリティカルな手続きへの配慮も欠かせません。

本記事では、医療施設のM&Aスキームとしての事業譲渡とはどんなものか、また、事業譲渡を用いる場合のメリットや留意点について説明します。

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索