【事例解説】M&Aが活発なIT業界の特徴とは?5つの事例から解説!

【事例解説】M&Aが活発なIT業界の特徴とは?5つの事例から解説!

昨今、働き方改革や労働力不足への対応として、DXによる業務効率化への注目が高まっています。

一方で、IT人材の不足やシステムの老朽化がDXを阻害し十分に対応できていない企業も多数存在しているのが現状です。経済産業省も「2025年の崖」として着目し、仮に日本企業がこのままDX化を推進できなかった場合、2025年以降毎年最大12兆円もの経済損失が生じるとして強く警鐘を鳴らしています。

DXを活用したビジョンや経営戦略の策定、システム導入や運用をより密に連携するためM&Aでソフトウェア企業のグループ化、業務効率化、自社サービスの多様化・差別化などの背景から、IT企業においてはIT業界以外の異業種企業からのM&Aニーズも増加しています。

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索