後継者がいない! その時に社長や会社経営者の取るべき選択とは?

後継者不在のまま会社を経営している経営者は少なくありません。全国に株式会社は約247万社存在しており、その中で経営者が60歳を超える株式会社の数は、なんと120万社に上ります。つまり日本の株式会社の経営者のほぼ半数が60歳を超えているという現状です。近年の少子高齢化により、この状況に付随して起きるのが「経営者の後継者不在の問題」です。

万が一自分が倒れたときに、自分の後を継ぐことができる後継者を探しておく必要があります。ただ後継継者を探すといっても様々な方法があり、その選択によって会社の将来は大きく変わってしまいます。場合によっては廃業という選択肢を選ぶ経営者様もいるでしょう。このように数多くある選択肢の中から経営者を始めとし会社に関わる全ての人々にとってより良い未来を実現することが出来る手段を、本記事で紹介します。

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索