M&A
CONTENTS

M&Aにおける公認会計士の役割と業務

M&A(Mergers and Acquisitions)を行う際には、さまざまな面で高度な知識や情報が要求されます。
元々お互い面識のある会社との取引であったり、取引先の紹介などにより話を持ちかけられた場合を除き、どの会社がM&Aの対象となっているのかの情報は、M&A仲介会社や金融機関を介さないと入手が困難なものになります。

またM&Aを行うことを決定した後にも、財務的、法務的にそのM&Aが適切なものなのか、適切であったとして、取引価格やどういった取引方法がベストなものなのか、などの判断は専門家のアドバイスを必要とすることが多いと考えられます。このうち、M&Aにおいて公認会計士が主に果たす役割を解説します。

▷関連記事:M&Aとは?M&Aの目的、手法、メリットと手続きの流れ

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス
プライバシーポリシーに同意のうえ、

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索