FAQ

よくあるご質問

サービスについて

A:アドバイザー個人の能力に成否が左右される従来の属人的なM&Aを見直した、fundbook独自の仲介モデルが強みです。約4000社の優良企業とのマッチングが可能な「プラットフォーム」と高い専門性を有する6部門で成約までをサポートする「特化型分業制」を掛け合わせたハイブリッド型M&A仲介モデルは公平公正な理想のM&Aを追求します。
A:はい、お気軽にご相談ください。M&Aの成約には通常半年から1年程度かかるため、すぐに譲渡を希望されない場合でも早くから企業価値評価や事業分析を行うことをおすすめしています。
A:はい、可能です。自社の価値を知ることがより良い経営戦略に繋がります。ぜひ積極的にご活用ください。
A:はい、可能です。M&Aや事業承継に関することだけでなく、経営に関するお悩みも気軽にご相談ください。
A:ご相談は無料です。また、企業価値評価や候補先とのマッチングなど候補先との基本合意までのサービスは無料で提供しております。
A:M&Aの実施検討から企業価値評価、譲受企業とのマッチング、譲渡条件の調整、法務・税務・財務等のM&Aにおけるコア業務のフォローなど、M&A成約まで一貫してサポートします。
A:fundbookのアドバイザーが日本全国どこへでも伺い、M&Aをサポートします。
A:着手金無料の成功報酬制を採用しています。手数料についてより詳しく知りたい方は「報酬体系」をご覧ください。
A:当事者同士の交渉も可能ですが、双方が納得できる契約条件を引き出せず、思うように成立しないケースも多いため、M&A検討の段階から専門家のサポートを受けることをおすすめします。
A:まずは電話で経営状況などをヒアリングした後、M&Aアドバイザーとの面談にて簡易的な企業価値評価やM&Aの実施検討を行います。譲渡の意思が固まった際には正式なアドバイザリー契約締結を前提に、アドバイザーがM&A成約に向けたサポートを開始します。より詳しく知りたい方は「譲渡までの流れ」をご覧ください。

セキュリティについて

A:fundbookは重要な機密情報を扱う企業として情報管理を徹底し、厳重なセキュリティ体制のもと管理を行っています。
■財務情報などをお預かりする際は、事前に必ず秘密保持契約を結びます
■情報を公開したくない企業(取引先・競合など)は事前に指定することができます
■プラットフォームで公開される概要情報は企業名が特定できないよう匿名で掲載しています
■詳細情報を開示する際は必ず譲渡企業様の許可を得た後に行っています
■プラットフォームで詳細情報を閲覧できるすべての企業と秘密保持契約を結んでいます
A:企業を特定できない範囲の情報を記載した「ノンネームシート」と、会社情報や事業の詳細をまとめた「企業概要書」、企業の価値を評価した「バリュエーションシート」が閲覧できます。なお企業概要書とバリュエーションシートは譲渡企業の許可を得たうえで開示しますので、意に反して企業名が開示されることはありません。