株主間契約

株主間契約とは、ある会社の複数の株主が、会社運営などに関して合意することです。複数の株主が存在する場合、株主の協議が必要になることも多く時間がかかることがありますが、株主間契約を活用することで予め株主同士で協議する内容や手続きを明確にすることができるいったメリットがあります。

例えば、保有する議決権が50%未満のため、単独で株主総会の決議を成立させられない少数派株主が、多数派株主と株主間契約を交わすことがあります。多数派株主と株主間契約を交わすことで、少数派株主は経営への意向を通しやすくなります。

お電話でのご依頼も受け付けておりますので、
お急ぎの方はお電話にて
お問い合わせください。

TEL0120-261-438

受付時間:9:00-19:00

記事検索