時価純資産

時価純資産とは、貸借対照表上の簿価の総資産をすべて時価評価し、そこから同じく時価評価した負債を差し引いたものです。

実態純資産ともよばれ、M&Aにおいては中堅中小企業の企業価値を評価する際に用いられることが多いです。時価純資産法では、時価純資産額を発行済株式数で割って1株あたりの株価を算定します。

時価純資産法において、純資産は貸借対照表で確認可能ですが、簿価上の数字であるため、有価証券の評価替え、退職給付引当金の積み立て不足などを勘定し、時価純資産価額を算出します。

お電話でのご依頼も受け付けておりますので、
お急ぎの方はお電話にて
お問い合わせください。

TEL0120-261-438

受付時間:9:00-19:00

記事検索