企業合併

企業合併とはM&Aの手法のひとつであり、複数の会社を1つに統合する手法のことです。企業合併には「吸収合併」と「新設合併」の2つがあります。

この2つの手法は統合の際に移動する経営権、資産、負債、契約や従業員の承継先が異なります。

吸収合併は、消滅会社を消滅させ、消滅会社の権利義務(資産や負債、従業員など)の全てを存続会社に承継する方法のことです。一方、新設合併とは、新たに設立した存続会社に、消滅会社の権利義務の全てを承継する方法を指します。

お電話でのご依頼も受け付けておりますので、
お急ぎの方はお電話にて
お問い合わせください。

TEL0120-261-438

受付時間:9:00-19:00

記事検索