インサイダー取引

インサイダー取引とは、上場企業の関係者等が「重要事実」とされる会社の内部情報を利用して、情報が一般に公表される前に会社の株券や新株予約権を売買して利益を得る行為を指します。 インサイダー取引が行われてしまうと、情報を知らない一般の投資者は不利な立場で取引を行うことになり、証券市場の公平性が保たれなくなってしまうため、金融商品取引法によって禁止されています。違反した場合には、5年以下の懲役または500万円以下の罰金、法人の場合には5億円以下の罰金が課されます。

お電話でのご依頼も受け付けておりますので、
お急ぎの方はお電話にて
お問い合わせください。

TEL0120-261-438

受付時間:9:00-19:00

記事検索