新設分割とは、特定の事業について、その権利義務の全てまたは一部を包括的に新設した会社に承継することです。他方、既存の会社に承継する場合は吸収分割とよばれます。成長事業の分社化、不採算事業の切り離しなどに活用されます。 会社を新たに設立するため手続きは他の手法に比べて多くなりますが、包括的な承継のため、契約などに関しては原則的に承継されます。また、一定の要件を満たすことで税務上のメリットを得ることもできます。