インカムアプローチ

インカムアプローチとは、企業価値評価の手法のひとつであり、対象企業の将来的な利益やキャッシュフローといった収益性を現在価値で割引いて、事業価値を算定します。そして、事業に供されていない「非事業用資産の価値」を事業価値に加算することで、企業価値が導き出されます。

インカムアプローチには、主にDCF法(Discounted Cash Flow)と配当還元法と呼ばれる2つの手法があります。企業の将来性や成長性を企業価値に反映させることができる点は大きなメリットであり、M&Aに限らずさまざまな場面で用いられています。

お電話でのご依頼も受け付けておりますので、
お急ぎの方はお電話にて
お問い合わせください。

TEL0120-261-438

受付時間:9:00-19:00

記事検索