敵対的買収

敵対的買収とは、買収対象の企業の同意を得ずにTOB(株式公開買い付け)などを用いて買収することです。多くの場合、対象企業の株式の過半数を取得して経営権を持つこと、または3分の1超の株式を確保して株主総会の特別決議拒否権を得ることを目指します。

買収対象の企業の同意を得ている場合は、友好的買収とよばれます。敵対的買収は、同意を得ていないため、成功率は高いとはいえず、また、株式取得のコストが高くなることも多く、日本で行われるM&Aのほとんどは友好的買収であり、敵対的買収はあまり活発ではありません。

お電話でのご依頼も受け付けておりますので、
お急ぎの方はお電話にて
お問い合わせください。

TEL0120-261-438

受付時間:9:00-19:00

記事検索