買収監査

買収監査とは、デューデリジェンス(DD)ともよばれ、M&Aの際に譲受企業が譲渡企業の財務状況や契約関係、事業リスクなどを詳細に調査することをいいます。

買収監査の項目には「法務」「財務・税務」「ビジネス」など複数の種類が存在し、情報の整合性の確認や潜在的なリスクの洗い出しなどを目的に行われます。

買収監査が不十分であったために、M&A後に問題が発覚した場合、多くのコストと時間を要することもあるため、詳細に調査できるように公認会計士や弁護士などの士業や専門のコンサルティング会社などに依頼して行うことが一般的です。

通常、基本合意締結後に行われ、買収監査を経て、M&Aの条件を確定して最終契約に進みます。

お電話でのご依頼も受け付けておりますので、
お急ぎの方はお電話にて
お問い合わせください。

TEL0120-261-438

受付時間:9:00-19:00

記事検索