DIPファイナンス

DIP(Debtor in Posession)ファイナンスとは、民事再生法などの倒産手続き申立後から法的整理手続き中の期間において、旧経営陣に経営を任せながら、再建中の企業に対して主に政府系金融機関などが新規の融資を行うことです。

この融資は、企業が運転資金を調達できず、事業の継続が困難な場合に現金取引に対応するための、一時的な運転資金融資です。管財人ではなく旧経営陣に経営を任せた方が、企業の再生が現実的な場合に利用されます。

またDIPファイナンスは、日本の民事再生法において共益債権として扱われており、法的整理手続き開始以前の他の再生債権よりも優先して弁済する必要があります。

お電話でのご依頼も受け付けておりますので、
お急ぎの方はお電話にて
お問い合わせください。

TEL0120-261-438

受付時間:9:00-19:00

記事検索