破綻懸念先

破綻懸念先とは、実質債務超過になっており、今後経営破綻になる可能性が高い債権者のことです。これは、金融庁の金融検査マニュアルによる区分のひとつです。区分には破綻先、実質破綻先、破綻懸念先、要注意先、正常先の5つの評価があります。

金融調査マニュアルでの基準は、「破綻懸念先とは、現状、経営破綻の状況にはないが、経営難の状態にあり、経営改善計画等の進捗状況が芳しくなく、今後、経営破綻に陥る可能性が大きいと認められる債務者(金融機関等の支援継続中の債務者を含む)をいう。」となっています。

お電話でのご依頼も受け付けておりますので、
お急ぎの方はお電話にて
お問い合わせください。

TEL0120-261-438

受付時間:9:00-19:00

記事検索