M&A
CONTENTS

後継者を募集するには?中小企業の事業承継

中小企業の経営者にとって、いつ経営から退くのか、また後継者を誰にするのかという問題は、避けては通れないものです。いつまでも自分自身がトップで居続けられれば問題ありませんが、誰にでも老いは等しくやってきます。少子高齢化が進む中で平均寿命も延びてきていますが、それでも70歳を超えて経営のトップとして長く働き続けることは、体力的に困難といえます。

こうした状況で事業を継続させていくためには、やはり早期に後継者を選定し、事業承継の準備をしていく必要があるでしょう。そこで、中小企業の後継者選びをする際にどのような準備や選択をするべきか、また後継者を親族以外から募集したいときはどうすればいいのかについてご紹介します。なお、本記事における「後継者」とは、個人のみを指すのではなく、企業としての承継も指すものとします。

▷関連記事:中小企業経営者の高齢化による経営者の引退

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス
プライバシーポリシーに同意のうえ、

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索