【2019年】小売業界のM&A事例10選!専門家による解説付き【最新版】

小売業とは、最終需要者である消費者に対して商品を販売する業種をいいます。例えば百貨店やスーパー、コンビニエンスストアなど、消費者として商品を購入する際に利用するお店のことを意味し、商品流通の最終過程とされています。業界規模として、2017年の小売業全体の販売額は前年比1.9%増加の142兆5,140億円と3年ぶりに増加しています。

また、小売という言葉は聞いたことはあるけれども「小売業と卸売業ではなにが違うの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。本記事では小売業とは何か、卸売業との違いを解説したうえで、小売業界が展開する経営戦略としてのM&Aをわかりやすく紹介します。

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索