M&A
CONTENTS

事業譲渡の手続きとは?進め方や期間、債権者保護の手続きまでを解説

会社の事業の全部または一部を別の会社へと譲渡することを「事業譲渡」といいます。 事業譲渡においては、契約関係(債権・債務)や財産の移転に個別に対応しなければいけません。債権(売掛金等)の移転では債権譲渡の手続きが必要になり、債務(借入金等)の移転には債権者の承諾が必要です。しかしながら、事業譲渡は経営の健全化や多額の資金を得られるというメリットがあり、非常に有効な手法の一つです。本記事ではM&Aにおける事業譲渡のスケジュールや債権者保護手続きの有無など、抑えておきたい「流れ」と「ポイント」について解説していきます。

事業譲渡全体についての説明は下記にて詳しく解説しています。
▷関連記事:M&Aの事業譲渡とは?株式譲渡や会社分割との違いからメリット・デメリットまで解説

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス
プライバシーポリシーに同意のうえ、

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索