M&A
CONTENTS

PMIとは?M&A成立後の統合プロセスについて株式譲渡を例に解説

PMIとは「Post Merger Integration」の略であり、M&A成立後の両社の経営方針や業務ルール、社員の意識を融合し、スムーズにM&Aの目的を実現するためのプロセスを指します。PMIを適切に進めることは、M&Aを成功に導くために非常に重要なポイントです。M&A成約以前の譲渡企業と、譲受企業の従業員や企業文化、社内制度を加味した経営管理体制を構築することが、M&Aの相乗効果を生み出します。

一方、M&Aの手法によって、取るべきPMIの施策が異なるため、案件に応じてPMIの計画を立てることが大切です。ここでは、PMIの計画の立て方と実行の際に意識すべきポイントについて、株式譲渡を例にとって詳しく解説していきます。

▷関連記事:M&Aの仕組みとは?企業買収の手法とその種類について

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス
プライバシーポリシーに同意のうえ、

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索