M&A
CONTENTS

M&Aの交渉において重要となる「ノンネームシート」とは

ノンネームシートとは「M&Aの交渉において、会社を特定されない範囲の情報を簡易的にまとめたもの」です。譲受企業に対してM&A仲介会社が譲渡企業を紹介する際に用います。具体的には、譲渡企業の業務内容や大まかな所在地などの概要に加え、売上高や営業利益といった定量的な情報と、「なぜ譲渡したいのか? 」「どんな特徴のある会社なのか? 」といった定性的な情報を掲載するケースが一般的です。

では、なぜノンネームシートがM&Aにおいて重要なのでしょうか?その理由を説明していきましょう。

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス
プライバシーポリシーに同意のうえ、

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索