TOB(株式公開買付)とは?目的からメリット、友好的・敵対的の違いまで分かりやすく解説

近年、TOBに関するニュースを目にする機会が増えてきているかと思います。TOBは上場企業の経営方針に大きく関わる出来事であるため、メディアが取り上げ、多くの人が注目しています。事実として、昨年(2019年)は年間で40件以上のTOBが実施されています。

TOBは数あるM&Aの手法の中の1つにあたり、M&Aを検討している経営者の方にとっては他人事ではありません。特に上場企業に対するM&Aを検討している方は、この手法のメリット・デメリットを理解しておくことが必須です。

本記事では、TOBの概要や買付けを行う会社(以下、買主)や買付けの対象となる会社(対象会社)およびその対象会社の株主(以下、売主)にとってのメリット・デメリット、友好的・敵対的TOBの意味や防衛策、TOBが行われた際の株主の動きを解説します。特にTOBの実施を検討している経営企画およびM&A担当の方はしっかりと理解しておきましょう。
M&Aの概要を知りたい方は下記の記事をご参照ください。

▷関連記事:M&Aとは?M&Aの目的、手法、メリットと流れ【図解付き】

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索