吸収合併消滅会社とは?手続きや決算、公告などのポイントを解説

会社が行う組織再編行為は、対象会社の法人格そのものに着目した取引である「株式譲渡」「吸収合併」「株式交換」「株式移転」などと、対象会社の法人格そのものではなく、対象会社の事業に着目した取引である「事業譲渡」「吸収分割」「資産譲渡」「事業に関する個別の権利義務のみを取引の対象とする場合」などに分類することができます。

吸収合併は、このうち、対象会社の法人格そのものに着目した取引になります。

本記事では、吸収合併において、吸収され消滅する会社(吸収合併消滅会社)に着目して、手続きや決算、公告などのポイントを解説していきます。

▷関連記事:M&Aの方法の分類一覧と最適な手法を選ぶコツ
▷関連記事:M&Aとは?M&Aの目的、手法、メリットと手続きの流れ

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索