新規事業のM&Aを行うメリット・デメリットと注意点!3つの事例も紹介

新規事業を始めるのは、資金面や時間面など負担が多く、検討にも時間がかかるものです。ローリスクで新規事業に参入する手段として、M&Aを実施する方法が考えられます。

新規事業のM&Aを実施することで、買収企業側は、営業や技術の土台がある状態でスタートが切れます。売却企業側は、株式譲渡や事業譲渡をすることで、新たな事業を始める際に必要な資金が得られます。また、事業拡大や商品認知のために、大手企業の傘下に入るケースもあります。

本記事では、新規事業のM&Aについて取り上げ、売却企業側と買収企業側、それぞれのメリットとデメリットをお伝えします。

また、新規事業のM&Aを成功させるには、注意すべき点も知っておかなければいけません。実際に、新規事業のM&Aに成功した国内の3つの事例を見ながら、新規事業のM&Aを実施する際に、考慮すべきポイントを紹介します。

ぜひ参考にしてください。

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索