M&A
CONTENTS

業務提携とは?資本提携・業務委託・M&Aとの違いとメリットやプロセスを解説

業務提携とは?


業務提携とは、独立している企業同士が資本関係を築かずに業務上で協力関係を築くことで、アライアンスともよばれます。

技術や人材などの経営資源を持ち寄り、技術協力による共同開発などを行うことで、コスト削減や新商品の開発など、さまざまなシナジー効果を生み出すことを目的としています。相手企業のノウハウや販売網などを低コストで活かせることが特徴です。

英語ではBusiness partnershipと表記します。業務提携を実施した経験がなくても、他社から打診されたことがある方もいるかもしれません。しかし、業務提携の概要やメリット・デメリットなどの基礎知識を理解しているでしょうか。

また、よく似た事業提携と業務提携の違いをすぐにお答えできる方は少ないかもしれません。

本記事では業務提携の定義や種類、アライアンスとは何か、資本提携のメリット・デメリットについて解説します。

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス
プライバシーポリシーに同意のうえ、

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索