M&A
CONTENTS

「ポートフォリオ経営」で、医療施設の積極的な存続を図る

【医療法人・介護事業者・社会福祉法人向け】3日程開催ヘルスケアWebセミナーのお申し込みはこちら


「ポートフォリオ経営」や「事業ポートフォリオ」という言葉を聞いたことがある医療経営者もいらっしゃるかもしれません。これは、タイプの異なる様々な事業や施設を組み合わせて経営することで、経営全体としての安定化と長期的な成長を図ろうという、経営理論に基づく考え方です。

医療施設においても、成長拡大を目指す場合はもちろん、人口減少エリアにある病院が積極的に生き残りを図ろうとする場合にも、このポートフォリオ経営の考え方は役に立ちます。たとえば、M&Aによる譲り受けを通じて、人口動態が異なるエリアに進出することで、人口減少地域にある本院の経営を安定化させている病院の例などもあります。

本記事では、まず市場細分化や事業ポートフォリオなど、医療経営にも役立つ経営理論の基本を紹介しつつ、成功事例を見ていきたいと思います。

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索