医療施設M&Aの譲渡価額決定において重要な「のれん代」(営業権)とはなにか

医療経営者がM&Aを検討する際、もっとも気になる事項の1つが、M&Aの譲渡価額、平たくいえば「いくらで売れるの?」という点でしょう。
医療施設や医療法人の譲渡価額に関しては、かつて用いられることがあった「ベッド1床につき◯◯円」といった“神話”を未だに、信じているかたも見受けられますが、現在はそのような雑な方法で譲渡価額を見積もることは通常ありえません。
では、どのようにして譲渡価額を見積もるのでしょうか。本記事では、医療M&Aにおける、譲渡価額算定の考え方について解説します。
その際、重要なポイントとなるにも関わらず、一般的には馴染みがないのでわかりにくい「のれん代(または営業権)」という考え方について、重点的に説明していきます。

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。
 
このような方におすすめです。
 
自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索