事業承継を円滑に進めるための「事業承継計画書」の書き方

事業承継を行うにあたって、「どのように承継を進めていくか」という計画が十分でなかったために、不本意な結果になってしまうことがあります。例としては、承継の検討や作業が遅れることにより、現経営者から後継者へ経営の経験やノウハウを十分に引き継ぐことができず、将来的に業績の悪化につながるケースがあります。他にも親族内承継において、相続の手法を明確にしなかった為に親族同士でトラブルになるといったケースが考えられます。このようなトラブルを防ぎ、円滑に事業承継を行うために、事業承継計画書を作成しておくことが重要です。

事業承継計画書を作成することによって、会社の経営方針や事業計画から、現経営者の個人資産・株式などの相続に関わる事項についても、後継者と認識を擦り合わせることができます。この方針の擦り合わせが迅速な事業承継の第一歩となります。計画書を作る法的義務はありませんが、作成することで終了までの流れを理解し、トラブルの少ない事業承継を行うことができます。この記事では事業承継を円滑に進めるための、事業承継計画書の必要性や作成方法、作成時の注意点などを具体的に解説していきます。

▷関連記事:事業承継を成功させる方法とは?事業承継としてのM&A
▷関連記事:M&Aとは?M&Aの目的、手法、メリットと流れ【図解付き】

【無料ダウンロード】
自社の企業価値を知りたい方へ
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説
企業価値100億円の条件 30の事例とロジック解説

本資料では実際の事例や企業価値評価の手法をもとに「企業価値評価額100億円」の条件を紹介します。

このような方におすすめです。

自社の企業価値がいくらなのか知りたい
・企業価値の算出ロジックを正しく理解したい
・これからIPOやM&Aを検討するための参考にしたい

必須貴社名
必須売上規模
必須貴社サイトURLもしくは本社所在地をご入力ください
任意郵便番号(ハイフンなし)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地以降
任意貴社サイトURL
必須
必須
必須役職
必須自社の株式保有
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス

まずはプラットフォームの
無料登録を

fundbookが厳選した優良譲渡案件が検索できます。

プラットフォームの特徴を見る
記事検索